エマーキット 口コミ

■まつげを伸ばしたいなら、「まつげエクステ」があるじゃない

 

まつげが伸びるって美容液に対して

 

◎副作用として「失明」とか「色素沈着」

 

が話題になっていました。薬であるので本来の使用方法を取らなければ副作用が出てしまうのは当たり前のことです。通常は医師の診察を受けながら治療をする「緑内障」専用の薬を個人輸入して使用した場合、だーれも責任を取ってくれない自己責任ってことになってしまうのです。

 

まつげを伸ばすなら「まつげエクステ」を利用すればいいんです。しかし、「まつげエクステ」も微妙な立ち位置であり、医療機関なら当然問題にはなりません(医療機関でまつげエクステを採用しているところはかなり少数派)。さらに美容師さんも許されるとのことです。医療機関、美容師さん以外が行なっている「まつげエクステ」が問題含みなのです。

 

■まつげのエクステって実は法律的には微妙なんです

 

まつげの美容液で効果がでなかった、または副作用的なことが起きた方は「まつげエクステ」を選択することになります。問題となるのは「エステ」や「まつげエクステ専門店」なのです。これらは許可制でも認可制でもなく、届け出自体が必要ない店舗なので、行政側が監視・指導できないために、万が一のトラブルの責任の所在がハッキリしていません。

 

これらの店舗でまつげを伸ばすために「まつげエクステ」を行なうのも自己責任の範疇になることになります。

 

となると当院は扱っていませんけど、医療機関で副作用に注意をしながら「まつげ美容液」を厚生労働省が承認した範囲外で処方してもらうのが一番なのかもしれません。でも、上瞼が薄くなって垂れ下がるなんて副作用がでてしまう可能性もあることを十分知っている医師はかなり少ないと考えています。

 

◎「まつげを伸ばす」治療法は簡単そうで難しい治療

 

ということが言えます。